賃貸経営にサブリースがお勧めな理由とは

賃貸物件を経営する場合には、様々な点が気になるものです。たとえば入居者はどうやって募集するのか、もし入居者が家賃を滞納した場合には、どのように対応するかなどといった点です。これらの問題点を解決する方法として、外部委託の制度があります。もちろん外部委託といっても様々で、家賃立て替えのシステムもあれば、一括借り上げを行って管理から入居者、家賃関連の対応まで広く請け負ってくれるシステムもあります。
この全般にわたって管理をしてくれるシステムのことを、サブリースと呼んでいます。このシステムを利用すると、賃貸物件経営に関する様々な問題を請け負ってくれますので、たとえば他に仕事をしながら賃貸物件を経営したい時などには、一度契約しておくことで、物件経営がとても楽になります。

どのような点が強みなのでしょう

サブリース契約は、関連業者と契約してすべてを委託することになります。そのため、敷金や礼金の受け取りはすべて会社が行うことになります。一般に契約期間は2年以上で、場合によってはそれ以上の契約も可能です。一括借り上げですので、オーナー側が入居者や家賃滞納で対処する必要がありません。
また、入居者の入退去に関する様々な手続きも、すべて会社にまかせることができます。それから賃貸物件の場合、入居者のトラブルというのもありがちですが、この場合もオーナーは対処する必要はなく、すべて会社にトラブル解決をゆだねることができますので、ストレスフリーで物件を経営することができます。何より入居者が少なくても一定の収入を受けられるというのは、オーナーにとって大きな魅力といえるでしょう。

もちろん注意しておきたい点もあります

しかし、注意しておかなければならない点もあります。まずは入居者退去時の原状回復費用です。これは退去者が自己負担負担する場合が多いのですが、中にはオーナーの負担となることもあります。契約内容の確認の際にはこの部分をチェックしておく必要があります。また、賃貸マンションを経営する上で、入居者から不満がでてくることも無いとは限りません。そういった場合でも、オーナーの一存では解約できないということもあります。従ってサブリースを契約する場合には、メリットとデメリット両方をよく理解したうえで、それでも一括借り上げをしてほしいという場合に、しかるべき会社と契約することをお勧めします。

ピックアップ記事

業者と結ぶときのメリットは?サブリース契約

最近は投資をする人が増えていますが、投資のなかでも有名なものの一つが不動産投資になります。不動産投資は、不動産を購入しその不動産を人々に課すことで収入を得る仕組みになります。これにより、働かずなくても...

サブリースの利回りがどの程度か

マンションを所有している場合などは、従来であれば所有しているオーナーとマンションを借りたいと考えている人の間で契約を結ぶことになります。もちろんそのあいだには不動産会社がいますが、いずれにしても不動産...

サブリースの保証はどのようになっているか

近年は、会社員として会社に勤めていても、多くの人がなかなか安定した収入を得ることができない状況となっています。もちろん一時的に安定した収入を得ることができますが、長期的にわたって安定しているかといえば...

サブリース契約を結ぶ前に入居率を調べよう

家賃収入は非常に魅力的な収入ですが、特にまとまったお金があれば不動産を購入してそこから毎月家賃収入を得る方法があります。これにより、会社員を行いながら投資をすることもできる一方で、完全に職に就かない状...


コンテンツ

カテゴリー